日本で人気の作曲家のグリーグやシベリウス、ポップスグループ「ABBA」を生み出した北欧は、日本ではオーロラや白夜、フィヨルドなどで有名ですが、実は高福祉国家でありながら、日本似た個性的な民族文化を持った国々です。

人と人とのコミュニケーションを何よりも大事にし、音楽を生活の一部にする北欧の人々のライフスタイルを学ぶ「北欧音楽コース」を日本初で取り入れました。

例えばノルウェーの国民的楽器「ハルダンゲルヴァイオリン」は、日本のお琴や三味線等と同じ位置付になる、400年以上の歴史を待つ伝統楽器。
基本的に楽譜はなく、音楽はそれぞれの土地で全て伝承で伝えられ、ノルウェーを代表する作曲家グリーグもこの楽器を愛し、彼を通じてクラシックに大きな影響を与えました。

昔話を伝えるように、音楽を伝承で学んで行くスタイルは、会話の様に音楽が紡ぎだされていきます。

同様にノルウェー音階の原点にもなる柳笛の「セリエフルート」、鉄製の「口琴」も、ヴァイキング時代からノルウェーで愛され受け継がれている楽器です。

またスウェーデン人のブンネしが30年前に発案され、現在スカンジナビアでも人気の高まりつつある「ブンネメソッド」は、スウェーデン製の4つのシンプルな楽器(スウィングバーギター、ミニベース、単音フルート、チャイムバー)を使用し、今まで楽器に対する知識や技術がなく「音楽の世界」には入れなかった人でも、簡単に演奏参加出来るようになります。また、ブンネ法を学ぶことにより、音楽の基礎教育や知力を育てる事はもちろん、「協調性、自主性、発想力」を育てる事が出来るのが特徴です。

北欧の人々にとって楽器を学ぶ事は「難しい事」でなく、会話をするように、歌を歌うようなもの。
コミュニケーションの一つとして学ぶ「北欧音楽コース」に参加してみませんか?

ハルダンゲルヴァイオリン

ハルダンゲルヴァイオリン

このコースの詳細

ブンネ法

ブンネ法

このコースの詳細



Copyright © 2012-2017 Suwayama Music Academy All Rights Reserved.

PAGE TOP ↑